名古屋の弁護士 小島智史のブログ

2月27日開催予定シンポジウム 延期のお知らせ

2月27日に開催を予定しておりました,愛知県弁護士会主催シンポジウム「地域の自然と生物多様性を守る条例の作り方」につきまして,現在の新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況を踏まえ,開催を延期することとなりました。
参加をご予定頂いていた方におかれましては,誠に申し訳ございませんが何卒ご了承いただきたく存じます。
なお,延期後の開催日程が決まりましたら,改めてご案内いたします。
よろしくお願い申し上げます。


2月27日開催 愛知県弁護士会主催シンポジウム「地域の自然と生物多様性を守る条例の作り方」のご案内

愛知県弁護士会主催・中部弁護士会連合会共催シンポジウム
「地域の自然と生物多様性を守る条例の作り方~生物多様性を実効的に保全する方法を考える~」のご案内

COP10から10年が経過しようとしている現在でも,地域環境の保全及び生物多様性保全の進展状況は,地域により様々です。そこで,先進的な地方自治体の例を参照しつつ,生物多様性を実行的に保全するための条例の制定方法及び運用方法を検討します。

【日時】2020年2月27日(木) 13:00開場 13:30開演(17:30終了予定)
    参加自由 事前申込不要 入場無料

【場所】愛知県弁護士会5階ホール(https://www.aiben.jp/access/)
    〒460-0001 名古屋市中区三の丸1-4-2
    地下鉄「丸の内」駅 1番出口より徒歩5分・地下鉄「市役所」駅 6番出口より
   徒歩7分

<プログラム>
第1部
①導入報告
・生物多様性保全に関連する愛知県内の裁判例と,生物多様性条例の具体例の紹介
(愛知県弁護士会公害対策・環境保全委員会委員)

②基調講演
・幸田 雅治 氏(神奈川大学法学部教授,弁護士)
「生物多様性保全条例の制定上の実務的課題について」
・北村 喜宣 氏(上智大学法学部地球環境法学科教授)
「生物多様性保全条例の制定・運用に関する法律上の諸問題について」

第2部 パネルディスカッション
導入報告と基調講演の内容を踏まえて,生物多様性の保全のために有効な条例のあり方と,その制定方法及び運用方法について検討します。
・パネリスト
 幸田 雅治 氏
 北村 喜宣 氏
 生物多様性保全条例を制定した地方自治体の職員 2名
・コーディネーター
 伊東 正裕 氏(愛知県弁護士会所属弁護士)
 飯島 吾郎 氏(愛知県弁護士会所属弁護士)

※なお、来場者の方からの質疑応答の時間も予定しております。


シンポジウムの詳しい情報は,添付のチラシ及び下記愛知県弁護士会のホームページの
記述をご参照ください。
https://www.aiben.jp/about/katsudou/kougai/news/2020/01/post-1.html


ファイルイメージ

日弁連主催 第10回環境法に関するサマースクール 開催のお知らせ

今年も日弁連主催で環境法サマースクールを開催することと
なりましたので,上記及び添付の通りご案内いたします。
今年の開催日は9月7日で,ライブ会場の開催場所は
霞が関の弁護士会館となります。
また,京都弁護士会がサテライト会場となっております。

今回は,環境法を扱う弁護士のキャリア形成について,
実際に様々なキャリアを築きつつある若手弁護士らの
対談形式による講義のほか,環境法の勉強方法の話,
廃棄物処理法の解説と同法に関する実務の話,それに
マンション関連訴訟を担当されている実務家の方の話
などの講義がございます。
法科大学院生で環境法に興味のある人はもちろん,
実務家や大学生の方等でも,環境法に関わる今後のキャリア
形成の参考になると思いますので,ぜひご参加ください。
また,周りの興味をお持ちの方や集まり等におきましても,
ぜひお声がけ頂けると幸いです。

なお,内容の詳細及び申込方法につきましては,下記のPDF内に
記載しておりますので,ご参照をよろしくお願いいたします。

【ご案内】9/7 第10回環境法に関する法科大学院サマースクール
https://www.nichibenren.or.jp/event/year/2019/190907_2.html  

日弁連では、環境法系の法曹を志す全国の法科大学院生を
はじめとする学生・受験生のみなさんの学びの場として、
また、環境法に携わる実務家の知識・ 経験の共有の場として、
今年も環境法サマースクールを開催します。

【開催日時】
2019年9月7日(土) 9時55分~18時

【参加対象】
法科⼤学院⽣・卒業⽣、司法修習⽣、法学部⽣、司法試験受験⽣、
弁護⼠、研究者、⾃治体及び企業の環境部⾨担当者 ほか

【場  所】
ライブ会場:弁護士会館2階クレオBC(ライブ会場)
     住所:東京都千代田区霞が関1-1-3
サテライト会場:京都弁護士会
     住所:京都市中京区富⼩路通丸太町下ル
 ※東京会場(ライブ会場)とTV会議で接続いたします。
 ※他の会場が増えた場合、⽇弁連HPでご案内します。


ファイルイメージ

6/15 アスベスト・じん肺110番開催のご案内

6月15日土曜日の10時~16時の間に、アスベスト・じん肺110番を開催いたします。
どなたでも無料で、アスベスト・じん肺被害の救済手続きに関する弁護士・医師からのアドバイスを、電話で聞くことことができます。
110番の電話番号は052-331-9054です。

下記のような、アスベスト・じん肺被害の救済制度や救済手続きに関して気になることがございましたら、ぜひお気軽にお電話ください。
・アスベスト工場で働いていた方。
→国は、アスベスト工場勤務による健康被害の損害について、賠償するための和解の手続きを進めています。
・建設現場でアスベストを扱っていた方。
→全国の高等裁判所で、建設現場の従業員等が負ったアスベスト被害についての国や企業の責任を認める判決が相次いでいます。
・中皮腫、石綿肺、肺がんなど、アスベストが原因の病気になった方やそのご遺族。
→労災や、法律に基づく救済制度があります。

以上のほか、110番に関する詳しい情報は、下記をご参照ください。


ファイルイメージ

弁護士と医師によるアスベスト・じん肺健康被害無料相談会のお知らせ

弁護士と医師によるアスベスト・じん肺健康被害無料相談会を、下記の予定で開催いたします。
アスベスト・じん肺による健康被害を受けている方に対し、労災やアスベスト救済法などの救済制度や訴訟による賠償請求などの、救済を受けるための法的な手段についてアドバイスいたします。

日 時:12月1日(土)午前10時~午後4時
場 所:ハートフルスクエアーG研修室30(岐阜市生涯学習センター)
住 所:岐阜市橋本町1丁目10番地23 (JR岐阜駅 高架下)
主 催:アスベスト・じん肺被害救済東海弁護団

相談会の詳しい内容は、下記のファイルをご参照ください。


ファイルイメージ