名古屋の弁護士 小島智史のブログ

日弁連主催 第9回環境法に関するサマースクール 開催のお知らせ

今年も日弁連主催で環境法サマースクールを開催することと
なりましたので,上記及び添付の通りご案内いたします。
今年の開催日は9月1日で,ライブ会場の開催場所は
霞が関の弁護士会館となります。
また,京都弁護士会がサテライト会場となっております。

今回は,環境法の勉強方法のほか,土壌汚染対策法の解説,
それに実際の環境事件を担当された実務家の方の話が
中心となります。
法科大学院生で環境法に興味のある人はもちろん,
実務家や大学生の方等でも,環境法に関わる今後のキャリア
形成の参考になると思いますので,ぜひご参加ください。
また,周りの興味をお持ちの方や集まり等におきましても,
ぜひお声がけ頂けると幸いです。

なお,申込方法につきましては,下記及び添付のPDFに
記載しておりますので,ご参照をよろしくお願いいたします。

【ご案内】9/1 第9回環境法に関する法科大学院サマースクール
https://www.nichibenren.or.jp/event/year/2018/180901.html  

日弁連では、環境法系の法曹を志す全国の法科大学院生を
はじめとする学生・受験生のみなさんの学びの場として、
また、環境法に携わる実務家の知識・ 経験の共有の場として、
今年も環境法サマースクールを開催します。

【開催日時】
2018年9月1日(土)9:25~18:15(開場9:05)

【参加対象】
法科⼤学院⽣・卒業⽣、司法修習⽣、法学部⽣、司法試験受験⽣、
弁護⼠、研究者、⾃治体及び企業の環境部⾨担当者 ほか

【場  所】
ライブ会場:弁護士会館17階1701会議室
住所:東京都千代田区霞が関1-1-3
サテライト会場:京都弁護士会
     住所:京都市中京区富⼩路通丸太町下ル
※東京会場(ライブ会場)とTV会議で接続いたします。
※他の会場が増えた場合、⽇弁連HPでご案内します。

【プログラム】
午前9時25分~ 開会挨拶
午前9時30分~11時
 講義① 具体的に考える環境(自然・生活)訴訟の問題点
    (市川守弘 弁護士)
午前11時10分~0時40分
 講義② 環境法体系とその学び方
     (北村 喜宣上智大学法科大学院教授)
午後0時40分~1時20分
 ~ 休 憩 ~
  ※弁護士会館内及び近隣に売店等がありません。
   事前に各自で昼食をご用意ください。
午後1時20分~2時50分
 講義③ 個別環境法を学ぶ:土壌汚染対策法
    (北村喜宣上智大学法科大学院教授)
午後3時~4時30分
 講義④ 豊島公害調停事件とは何であったか
    (岩城 裕 弁護士)
午後4時40分~6時10分
 講義⑤ 気候変動を法廷で争う! ~世界の気候変動訴訟の今
    (福田 健治 弁護士)

※参加費用無料
※昼食は各自ご用意ください。
 ライブ会場の弁護士会館周辺では、昼食を購入する場所が
ございませんので、必ず事前に昼食をご用意ください。
※終了後に懇親会を開催する予定ですので、ぜひお気軽に
ご参加ください。

★申込方法★
添付のチラシ裏面に必要事項を記載の上FAXいただくか、
お電話又はEメールでお申込みください。
(申込締切:8月27日(月))

主催:日本弁護士連合会
問合せ先:
日本弁護士連合会人権部人権第二課
TEL:03-3580-9968
FAX:03-3580-2896
Eメール:summer-school@nichibenren.or.jp  


※個人情報取り扱いについての記載:
申込等に関連して御提供いただいた個人情報は,日本弁護士
連合会の個人情報保護方針に従い厳重に管理いたします。
なお,TV会議を利用した本サマースクールの開催事務に
必要な範囲内で,参加者の情報をTV会議接続先の弁護士会
に提供し利用します。また,個人情報は,統計的に処理・
分析し,その結果を個人が特定されないような状態で公表する
ことがあります。
以上についてご同意いただいた上でお申し込みください。


ファイルイメージ