名古屋の弁護士 小島智史のブログ

相続のとき,調べる必要があること

相続のとき,調査する必要があることがいくつかあります。

まず,相続人の調査があります。
戸籍などを調べていくと,全く連絡をとったことのない方が相続人だとわかるケースがあります。

次に,遺言書の調査があります。
一つの遺言書がすでに見つかっている場合でも,その遺言書より後の日に作成したものが後で見つかる場合があります。遺言書が有効なものであれば,後の日付のもののほうが優先されますので,すでにわかっている遺言書がある場合でも,念のため探しておくべきです。

次に,相続財産の調査があります。
亡くなられた方の不動産や預金,株式等の財産を一通り調べることが,遺産分割を行う前に必要となります。
亡くなられた方宛てに届いた郵便物から,不動産や株式等の財産があることが判明することがありますので,郵便物は簡単に捨てずに内容をチェックしておきましょう。

もし相続財産等のくわしい調査方法がわからない場合や,自分だけでは調査をやりきれないと思われる場合は,一度ご相談ください。