料金

弁護士費用の目安

法律相談料

初回の法律相談料は無料です。なお、初回相談の時間は1時間が基準となります。
2回目以降の法律相談料は、30分5000円(税別)となります。

一般民事事件の費用

1 着手金

着手金とは,弁護士が事件を受任する際にお支払いいただく金額です。
着手金は、事件の相手に請求しようとする経済的な利益の金額を基準として、下記の表に基づき算定いたします。

経済的利益着手金の金額(税別)
300万円以下10万円~30万円
300万円を超え、3000万円以下20万円~100万円
3000万円を超える場合50万円~
※きわめて軽微な案件の場合や,逆に高度に専門的であったり複雑であったりするような重大案件の場合は,ご相談の上,金額を上記金額より増減することがございます。
※着手金については分割払いも可能です。詳しい分割方法は弁護士とご相談ください。
※受任した内容とは別途の法的手続きの申立てを行う場合は,追加の着手金を請求させていただくことがございます。
※交通事故などの事案で弁護士特約によって報酬が支払われる場合は,弁護士特約の報酬基準に従って報酬を請求させていただきます。

2 報酬金

報酬は,事件を解決して実際に得られた経済的な利益を基準として、下記の表に基づき算定いたします。
報酬金は、事件処理の終了時に請求させていただきます。

経済的な利益報酬金の金額(税別)
300万円以下得られた経済的利益の16%
300万円を超え3000万円以下10%
3000万円を超え3億円以下6%+125万円
3億円を超える場合4%+700万円
※きわめて軽微な事件や,複雑困難な事件の場合は,ご相談の上,さらに金額を増減することがあります。
※交通事故などの事案で弁護士特約によって報酬が支払われる場合は,弁護士特約の報酬基準に従って報酬を請求させていただきます。

3 実費について

郵送費用、コピー代,印紙代等の実費は,上記の着手金・報酬金とは別途に清算させていただきます。
実費は、①預かり金として受任時にお支払い頂く場合、②一定額に達した時点でその都度お支払い頂く場合、③事件終了時に精算する場合がございます。
実費の金額や支払い方法の詳細につきましては,弁護士にご確認ください。

4 日当について

弁護士が事件処理のために愛知・岐阜・三重の東海三県を出なければならず、時間的拘束が大きくなる場合に、交通費と別途にお支払いいただく金額です。
日当の金額は、1日あたり3万円(税別)となります。

離婚事件

経済的利益の金額が明確に算定可能な場合は、一般民事事件と同様の方法で算定いたします。

算定困難な場合は、下記の基準によって算定いたします。
 着手金   20万円(税別)~
 報酬金   20万円(税別)~

破産・民事再生・任意整理事件

下記を基準として、算定いたします。

1 破産

個人(同時廃止)着手金 20万円(税別)~
個人(管財事件)着手金 30万円(税別)~
法人着手金 50万円(税別)~

2 民事再生

個人着手金 40万円(税別)~
法人着手金 80万円(税別)~

3 任意整理

着手金3万円(税別)~
報酬金経済的利益の20%(税別)
※報酬金は、過払金が発生した場合のみ請求させて頂きます。

契約書、通知書作成

作成費用3万円(税別)~

顧問契約

会社において法律問題が生じた場合に、電話相談等により早期に対応を行わせて頂き、そこから法的手続きが必要となった場合もきめ細やかに対応させて頂きます。
また、それとともに、契約書のチェックや従業員の法律相談、簡易な文書の無料作成といった日常的な法的問題についても対応いたします。
顧問料につきましては、対応が必要となる事情に応じて、毎月3万円~10万円(税別)を基準とさせていただきます。

刑事事件

着手金、報酬金ともに、20万円~50万円(税別)が基準となります。